ちふれの化粧水に落とし穴がある?知っておきたい注意点!

リーズナブルな値段として、メイク初心者からコスメ痛まで幅広い愛用者を誇り、人気が絶えない化粧品ブランドのちふれ。
しかしそんな有名なちふれでも、使用感や品質などに落とし穴があるかもしれません。

安いからといって効果がないというわけでもありませんし、高いからといって効果があるわけでもありません。使用するものによって個人差はありますが、化粧品なら安全により使いやすいアイテムを選んでいきたいものです。

そこでちふれから出ている、スキンケアの基礎科化粧品の一つである化粧水について、落とし穴があるのか調べてみたいと思います。

ちふれについて

「化粧品はなぜ高く売られているのか」そんな疑問からちふれ化粧品は生まれ、ちふれが誕生したときから、正しい化粧品の在り方を追求しながら商品の開発を進めてきました。
「つくりやすさ」よりも「つかいやすさ」を。「外見よりも」「中身」の実質を。「販売価格」「購入価格」という意識で。

すべてのかたが優れた品質を、適正な価格で安心して気軽に使えるようにと、きれいになりたいと願う方達のためにちふれは存在し、うそ偽りのない化粧品の姿を伝え続けています。
当たり前の正直さを一つ一つ積み重ね、常に私たちに寄り添い続けている化粧品ブランドです。

ちふれの化粧水の成分に落とし穴はある?

保湿成分であるヒアルロン酸・乾燥による肌トラブルから守る成分トレハロース配合で、保湿力を倍にアップさせ、肌をみずみずしくしっとりと保ちます。
また体内を弱アルカリ性に保ち、老化防止や美肌に効果があると言われているリンゴ酸が配合されており、肌のバリアゾーンを整えてくれる効果があります。

ノンアルコールなので、肌がしみたり固くなったりせずしっとり柔らかい肌効果を発揮し、アルコールに敏感な方にも気軽に使用できるのではないでしょうか。
余分な成分は除き、最低限の成分で配合されていることから、成分面での落とし穴はないと言えます。

価格についての落とし穴は?

リーズナブルな価格で人気が高いちふれですが、成分面でもしっかり保たれていることから、価格面での落とし穴があるかもしれません。使用を始める前に価格面でも、充分な確認が必要です。見ていきましょう。

商品名ちふれ 化粧水 ノンアルコールタイプ
価格648円(税込み)
容量180ml
使用期間2カ月~

容量も一般的な化粧水とほぼ一緒で、使用期間も2カ月と平均的と考えると、価格はかなり安いと思われます。遠慮なく多量も使用できる値段ではないでしょうか。

また、ちふれの化粧水にはいくつかラインナップがあり、同時に価格の違いも調べてみました。

商品名 ちふれ 化粧水 しっとりタイプ ちふれ 化粧水 とてもしっとりタイプ ちふれ 化粧水 さっぱりタイプ
価格594円(税込み)604円(税込み)540円(税込み)
容量 180ml 180ml 180ml
使用期間 2カ月~ 2カ月~ 2カ月~

どれも容量は同じで、使用期間も2カ月と言っていいでしょう。
乾燥肌や敏感肌のかたは、濃厚なテクスチャーでもっちり肌に導くしっとりタイプが適切ではないでしょうか。脂性肌や混合肌の方は、べたつき感のないさっぱりタイプが使用しやすいのではないかと思います。

コスパについては?

スキンケアは手ごろな価格で、たくさんの量を使いたいという人が多いと思います。
しかしちふれは種類豊富であり、その時に合った肌タイプのスキンケアが、1000円以下でできます。成分面での配慮は的確にされているので、600円ほどで2カ月のスキンケアができると考えれば、コスパは抜群にいいと思います。

口コミに落とし穴がある?

肌に必要な保湿成分も充実していて価格もお手頃だからといって、実際に使用してみないとそのコスパの良さは感じられません。個人差は必ずあるものなので、自分の肌に合うものなのか、実際に使用された方の口コミ情報を見てみましょう。

・ノンアルコールだから肌のヒリヒリ感がない!
・保湿されている感じでしっとり潤う!
・安いからバシャバシャ使える
・乾燥している感じもないし肌が安定する!

全体的に肌の調子が上がったという方がたくさんおり、高評価が多く見られました。
やはりノンアルコールであることから低刺激で保湿がしっかりでき、気軽に購入しやすいことが好評のようです。

敏感肌やアルコールがダメな方の口コミが多いですが、その中でも、逆にノンアルコールがダメな方もいらっしゃいました。肌によって合う、合わないがあるように、ノンアルコールでも肌の調子を整えることができない方もいます。
肌に合わないという方の口コミでは、使用感より肌トラブルに関する口コミが目立つ印象でした。

においや使用感などは?

基本的にちふれの化粧品は、無香料無着色なのでにおいはなく、ノンアルコールなのでアルコールのきついにおいもありません。

使用感の方は、敏感な人も使用しやすいマイルドさで、さっぱりしすぎずこってりしすぎずの丁度いいテクスチャーになっています。使用後の肌も、もちもちとした潤い肌の効果をもたらします。

ちふれ化粧水の使用方法は?

洗顔のあと、適量(500円玉大)をコットンまたは手にとり、やさしく顔全体に馴染ませます。夜のスキンケアにおいては、クレンジング・洗顔後にスペシャルケアとして美容シートやパックを用いてから、化粧水を使用するとその効果をより発揮してくれると思います。
また、コットンに化粧水を充分にしみこませて顔に馴染ませることで、パックとしての使用方法も可能なのでおすすめです。

ちふれ化粧水のターゲットは?

余分なものは除き、最低限に抑えられた成分で配合されているちふれの化粧品です。スキンケアは無香料・無着色が基本と、本来のスキンケアへ重点的に目を向けていることから、安心してずっと使い続けられるような商品をつくり上げています。

優れた品質をつくり上げ、誰もが手にしやすい価格でお届けしているちふれだからこそ、肌質で悩まれる方はもちろん、心からきれいになりたいと願うすべての方達をターゲットとしているのではないでしょうか。

一番安く購入できる方法は?

ちふれの化粧水は公式サイト・通販サイト・ドラッグストアなど、比較的手に入りやすい商品です。
公式サイトでの購入の場合、商品価格+送料で324円かかり(沖縄は1,080円税込みです)、実質1,000円ほどでの購入になります。
アマゾンでは、送料が無料ですが価格は1,000円超えになり、楽天市場など他の通販サイトでも商品価格と送料で、1,000円超えになってきます。

なので、通販で購入される場合は公式サイトでのお求めが最適です。
一番安く購入するのであれば、ドラッグストアに行かれた方がお得となります。

まとめ

様々な角度からちふれの化粧水について見てきましたが、成分面・価格面を見ても落とし穴はないと言っていいのではないでしょうか。

朝の洗顔後の保湿はとくに、オールシーズンでちふれの化粧水を推奨されている方がたくさんおり、スキンケアには欠かせない保湿力と、サイズ感も丁度いいので使いやすさにとても好評の方が多いです。
ノンアルコールタイプなので多少のべたつきはあるかもしれませんが、べたつきが気になる方はさっぱりタイプを使用してみてもいいかもしれません。

また詰め替え用も500円ほどで購入できるので、リーズナブルな価格でお試ししやすい・リピートしやすい商品なのではないでしょうか。

「肌に優しい化粧品を提供する」というコンセプトをもとに、香料が肌に合わないという方のためにちふれは無香料の姿勢を貫いています。
また、原料のにおいが苦手と感じる方も多いことから、においの少ない原料を膨大な時間と朗絵欲を費やし、選定しています。

無香料・無着色にすることによってできるだけ余分な不純物を取り除き、必要最低限で配合されている化粧水だからこそ、安心して使用していけるのだと考えられます。
肌への刺激を抑えつつ、充分な保湿ができるちふれの化粧水で、スキンケアを始めてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました