ハンスキンのBBクリームに落とし穴がある?知っておきたい注意点!

BBクリームのパイオニアと言われているハンスキンは、韓国コスメでの実績は№1に輝き、日本上陸以来BBクリームの販売実績は約170万本と、圧倒的な販売実績を誇るロングセラー商品となっています。

カバー力とテカリは、ベースメイクを選ぶ際の大事な判断材料となり、落とし穴になりかねません。くすみ・おうとつ・色ムラをしっかりカバーし、ふっくらとした陶器肌へと導くハンスキンのBBクリームについて、詳しく調べていきたいと思います。

ハンスキンについて

出典: https://www.hanskinjapan.com

2001年、天然原料を取り入れたスキンケアの商品開発を軸に、韓国にてHANSKIN(ハンスキン)がスタートしました。「メイクしながらキレイを保つ」という観点から、それぞれの肌悩みに合わせた美肌設計をコンセプトに、医療現場で使用されていたBlemish Balm(ブラミッシュバーム)を見つけ出し、BBクリームとして世界に初めて送り出しました。

ハンスキンは理想の肌に近づけるため、細やかなキメ・なめらかな艶・明るくクリアな肌トーン・内側からの輝きの4つの注目し、美しい肌を象徴する水晶肌を構成するための大切な要素に、独自の製品における技術力と哲学を元に、今まで以上に納得のいく製品づくりを目指しています。

肌悩みに対する化粧品として、厳選した原料から適した処方により、美肌設計をしっかりサポートし、肌なじみの良い成分で肌の負担を考慮した製品づくりを心掛けています。

ハンスキンBBクリームの成分に落とし穴がある?

肌本来のバリア機能をサポートし、乾燥や紫外線などの外的刺激から肌を守るなどの効果を持ち合わせた植物由来エキスを、14種類に厳選して配合されています。

さらに肌に必要な水分を保水し、乾燥防止の保湿成分であるヒアルロン酸Na配合により、外因ストレスから生まれる活性酸素・刺激から肌をサポートしていきます。最適化されたハンスキンのオリジナル処方により、長時間の潤い持続効果を期待でき、陶器のようななめらかな肌へ導きます。

時間が経つにつれて肌に自然に馴染み、過酷な環境になればなるほど実力を発揮するBBクリームとなっており、カバー力による化粧崩れの落とし穴は心配なさそうなBBクリームとなっています。

また、パラベンフリーとなっており、肌を考慮した成分配合となっているため、肌の弱い方でも馴染むのではないかと思います。

価格についての落とし穴は?

14種類の植物由来エキスと、ヒアルロン酸などの美容成分・ハンスキンの独自のオリジナル処方により、ベースメイクの不安要素であるカバー力や化粧崩れの落とし穴はなさそうですが、価格はどうなのでしょうか。気になる価格やコスパについて調べていきたいと思います。

商品名B.B トータル クリーム N
価格 3,132円(税込み)
容量30ml
使用期間2カ月~3カ月

現代のベースメイクはプチプラなものが多く販売されていますが、ハンスキンのBBクリームも決して高くはない価格なのではないかと思われます。元々医療用として高価だったものを研究と開発しているため、バリア機能をサポートしながら潤いをもたらし、負担の少なく肌に優しいとされるのがBBクリームです。

薄づきでもナチュラルな仕上がりへと効果を発揮し、スキンケアとメイクを同時に叶えていく夢のアイテムとして、申し分のないベースメイクと言えるのではないでしょうか。

コスパとしては?

30mlの容量で、使用期間は2カ月~となっています。ベースメイクは塗りたくるものではないですが、少量でも充分に伸びが良く、薄塗りでもくすみや色ムラなどの効果を期待できるので、持ちがいい方は長期間の使用になると思われます。

ハンスキンのBBクリームは、保湿クリーム・美容液・下地・ファンデーション・日焼け止めの、1本で5役もの機能性を兼ねそろえているため、2カ月の消費量であってもコスパは良いと言えます。

口コミに落とし穴がある?

成分面だけでは、効果の実態を把握するのは難しいものです。そこで、実際に使用された方の口コミからより詳しい効果を調べていきたいと思います。

・サラッと使えるので暑い時期でもストレスなく使えます!
・BBクリームの元祖だけあって、使い心地もコスパも良いです。
・ファンデーションのノリも良く崩れにくいです!
・カバー力はすごいのですが、ちょっと重い感じになってしまい、つける時の量がポイントかもしれません。

整肌成分とうるおい成分をたっぷり配合していることからか、ベースメイクにおいて見過ごせない要素である、カバー力と化粧崩れには好評のようです。後に使用するパウダーの使用感にも効果を発揮し、使い心地にも高評価といった印象です。

塗る量が多いとやはり厚塗り感が出てしまうのか、自分に適した量の微調整が必要となってくるのかもしれません。荒れることもないようで、安心して使用できるBBクリームということがわかしました。

においや使用感などは?

においといっても化粧品特有のにおいが少々すると思われますが、気になるようなにおいはなく快適に使用できるのではないかと思います。香料は使用されていません。

少量でも伸びの良い付け心地で、肌に馴染みやすいテイストとなっています。保湿力により肌に密着しているような感じで、メイクの崩れにくさを実感できるのではないかと思います。サラッとした使用感により、夏場でもナチュラルな仕上がりになります。

B.B トータル クリーム Nの使用方法は?

基礎化粧品で肌を整えた後、適量(目安パール粒1個分)を手にとり、顔の中心から外側へまんべんなく伸ばしていきます。ファンデーションの役目も果たしてくれるBBクリームとなっていますが、少しべたつきが気になるという方は、上からパウダーを軽く叩いていくと自然に仕上がります。

多くつけ過ぎてしまうと色が浮いてしまい、厚塗り感が出てしまうので、薄くつけ始めて微調整していくのがおすすめと言えます。

B.B トータル クリーム Nにターゲットは?

ハンスキンが提案するメイクは、メイクをしている間も透明感のある肌を保ち、メイクを落とした後も自身に満ち溢れる素顔を目指すことです。ヒアルロン酸と欲物由来エキスを配合したBBクリームは、スキンケアをしながらもしっかりベースメイクとして、優れたカバー力・化粧崩れに効果を発揮していきます。

肌の負担を考慮した処方であり、美容保湿成分が配合されていることから、乾燥肌の方・敏感肌の方も十分に効果を実感できるのではないでしょうか。

特にテカリが目立ってしまうオイリー肌の方・時短メイクをしたい方・カバー力が強い仕上がりが好みの方・汗や皮脂による化粧崩れが気になる方を対象としたBBクリームだと思います。

一番安く購入できる方法は?

公式サイトのショップでは、3,132円+送料全国一律430円がかかり、実質3562円での購入になります。通販サイトの一つのアマゾンでは、商品価格3,132円送料は無料で購入が可能です。 楽天市場での価格は2,916円となり、メール便であれば送料がかからないため、一番安く購入するのであれば楽天市場となります。

ドラッグストアなどでの店頭販売は、取り扱われてない箇所が多いようで、見つけるのが多少難しくなってくるようです。

まとめ

厳選された14種類の植物由来エキスと、肌に必要な成分要素のヒアルロン酸が配合されることによって、紫外線や乾燥・ストレスなどの外的刺激から肌を守っていきます。
肌本来のバリア機能をサポートしていくことによって潤いが持続しやすくなり、長時間の化粧崩れやカバー力・テカリも防いでいきます。

1本で5役の機能性を持ち、スキンケアとメイクを同時に叶えてくれるBBクリームでありながら、コスパの良い価格なため、ベースメイクとしての落とし穴はなさそうです。

BBクリームのパイオニアであるハンスキンの、美肌設計をコンセプトにしたBBクリームで、うるおい・カバーの持続する効果を試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました