ドルックスの乳液に落とし穴がある?知っておきたい注意点!

天候・気圧・生活などの変化により、肌質は変わりやすくなってきます。
「皮膚の脂が多かったけど、ある日からすごく乾燥するようになった」「皮脂分泌も乾燥も気にならなかったのに、肌トラブルが多くなってきた」など、突然的な肌質の変化に悩まされる方も多いのではないでしょうか。
かといって、肌悩みに合ったスキンケア選びをするにも、納得のいく効果を実感できない化粧品が多数あると思います。

そんな方たちに選びやすいと言えるスキンケアブランドがドルックス。
あらゆる肌質に合った商品を提供しており、レトロなボトルで人気を集めています。
今回はドルックスの乳液について、様々な視点から調べていきたいと思います。

ドルックスについて

ドルックス( de luxe )は資生堂から出ている基礎科化粧品シリーズで、1932年から発売されている化粧品であり、現在発売されている化粧品の中でも数少ない最古参ブランドです。

「高級品で通っている資生堂の中でも、最高級の品質」とされ、当時は非常に高価な化粧品でしたが、戦時体制により一時製造中止となりました。
1951年に発売が再開され、当初5品ほどの化粧品でしたが様々なラインナップが追加され、リーズナブルな価格で発売されています。
また香料に敏感な人向けに、「de luxe ODORLESS(ドルックス オーダレス)」も発売されており、年齢を重ねた人から現在の若者にまで幅広い人気を集めています。

「de Luxe」は、フランス語で高級(デラックス)という意味とされています。

ドルックス 乳液の成分に落とし穴がある?

保湿成分としてジグリセリン・セタノールが配合されています。
吸収性と保水性に優れた保湿剤で、角質層の柔軟化と水分量増加による保湿作用があり、高いしっとり感を持ち合わせています。

低刺激であることから、肌への負担を和らげながらしっかりと保湿効果をもたらします。
また皮膚の血行を促進し、肌荒れ・ニキビ・シミ・そばかすなどを防止してくれる酢酸トコフェロールが配合され、体になくてはならない植物油の主成分(脂肪酸)のひとつとされるオレイン酸配合で、肌に必要なヘルシー成分を補っていきます。

優れた保湿性・肌荒れケア成分の配合・ビタミン類の配合により、成分面からは効果の薄さを感じる落とし穴はないと言えるのではないでしょうか。

価格についての落とし穴は?

リーズナブルな価格としても人気があるドルックスですが、成分面に適する価格になっているのでしょうか。納得のいくスキンケアを行っていくためにも、価格面からも信頼できる商品なのか見ていきたいと思います。

商品名ドルックス レーデボーテ(乳液)
価格648円(税込み)
容量150mL
使用期間2カ月~

さすがリーズナブルと言われているだけあり、価格はとても良心的なものになっていると思います。資生堂の中でも、最高級の品質でありながら気軽に購入しやすいことも、人気である理由の1つとなっていることがわかります。
毎日の欠かせないスキンケア商品において、リピートしたくなるような価格だと言えます。

コスパについては?

なんといっても、価格から見れば1,000円以下で購入ができるプチプラ乳液として、コスパは非常にいいと言ってもいいでしょう。
容量も一般的な量で贅沢に使っても、2カ月で充分に消費していけるのではないかと考えられます。認知度が高い資生堂からの販売なので、ドラッグストアでも手に入れやすい商品であり、使いやすさには満足度が高いと思われます。

口コミに落とし穴がある?

リーズナブル価格でありながら、充実した乳液であることがわかりましたが、実際に使用された方はどう評価されているのでしょうか。もしかしたら、使用感に思わぬ落とし穴が潜んでいるかもしれません。あらゆる方の口コミから確認していきましょう。

・ドルックスを使ってからは肌が柔らかくなり、綺麗になりました。
・お値段以上の効果があるので、私はこれで十分だと思いました。
・保湿力が高くてしっとりします!
・コスパもいいし見た目も可愛いのでお気に入りです!

安さと効果の高さを実感されている方が多く、使用されている方の大多数の方から高評価でした。保湿性に優れ、しっとりした付け心地から乾燥肌の方にはとくに好評のようです。
また、パッケージのデザインにも心惹かれる方がたくさんいらっしゃいました。
中にはしっとりする保湿感が強すぎて、逆に脂っぽく感じてしまう方もいらっしゃるようです。

においや使用感などは?

優雅なジャスミンのにおいとされていますが、古風でレトロな感じのにおいと感じる方が多いようです。リラックスするにおいと感じる方もいらっしゃいますが、あまり好みでないという方も見受けられました。
固くもなく、水っぽくもない調度いいとされる質感で、伸びがよく、しっとりとした付け心地です。使用してから迎える朝は、もちもち肌の効果を実感できると思います。

ドルックス レーデボーテ(乳液)の使用方法は?

使用方法は、一般的な乳液と変わりません。普段している化粧水の後(美容液の後)、手のひらにティースプーン1/2杯をとり、肌に馴染ませます。
マッサージしながら馴染ませていくと、肌が柔らかくとてもしっとりします。
また、コットンにしっかり滲ませてパックしていくと、よりその効果を実感できると思います。

使用上の注意として、容器を斜め下に向け、手のひらに容器の肩部をトントンと叩くようにすると出やすくなります。

ドルックス レーデボーテ(乳液)のターゲットは?

最古参のスキンケアブランドと言われており、やはり使用される方のほとんどは年輩の方が多かったようです。現在の若者層の祖母や、そのまた上の曾祖母が持っていたなんてことがよくあります。
しかしレトロなボトルデザインであることから、若者層の人気が上がっており、リーズナブルな価格であることから、今では年代関係なく使用されています。
役90年続いているドルックスの化粧品の品質は変わりなく、最高級の品質として世に販売され続けています。

スキンケアの基本の基本を元にし、昔ながらの化粧品を提供することによって、肌トラブルに悩む方々がその効果を実感されるのではないでしょうか。

一番安く購入できる方法は?

資生堂の公式ページでは、648円(税込み)で送料無料での購入が可能です。
他の通販サイトでは、商品価格が安く販売されていますが、送料がかかってきてしまいます。通販での購入をするならば、公式ページでのお求めが安くなってきます。

薬局・ドラッグストアなどの店頭購入では、650円前後での販売がされています。比較的、どこのお店でも取り扱っている商品なので、見つけやすく・手に入れやすいと思われます。店頭での購入が可能であれば、一番安く購入できるのでお得と言えます。

まとめ

吸収性と保水性に優れた成分で、角質層の柔軟化と水分量増加の効果を期待できる低刺激の成分配合で、保湿力は充分にあると思います。
良心的な価格面から誰もが手に取りやすく、ロングセラー商品であることから、ドルックスのレーデボーテへの信頼度は高いと言えるのではないでしょうか。しっとりとした質感で伸びも良く、コスパ的には大満足とされています。

ドルックスの乳液にはしっとりタイプとさっぱりタイプがあり、どちらも価格は同じです。厳しい乾燥が続く冬の季節には、しっとりタイプが乾燥肌・混合肌の方からとくに使いやすいと絶賛される方が多いです。

また、汗をかきやすい夏場はダメージが蓄積されやすく、しっかりとした保湿ケアが重要になってきます。べたつきが気になる方には、さっぱりタイプの乳液を使用されると効果を実感しやすいと思います。

他にもドルックスのスキンケア商品は、肌質に合ったラインナップが多く存在するので、スキンケア選びもしやすいブランドになっています。
資生堂の中でも最高級の品質とされ、古くから続くスキンケア商品を、試してみる価値はあるのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました