ビフェスタのクレンジングに落とし穴がある?知っておきたい注意点!

スキンケアアイテムを使用する前の工程として、重要になってくるのがクレンジングです。

汚れが肌に残ったままの状態や、汚れが蓄積された状態のままだと、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを起こしかねません。

落としにくい頑固なメイクの場合ほど、何かと洗浄力が強いものを選びがちです。
しかし、頑固な汚れを落とそうと強くこすってしまっては、その洗浄力の強い刺激や摩擦による刺激により、逆に肌へのダメージになってしまいます。

クレンジングの中でも洗浄力の強いとされるオイル系のクレンジングは、使い勝手があまりわからず、選ぶのが難しいという方が多くいらっしゃると思います。

そこで今回、洗顔とクレンジングに定評のある、ビフェスタのクレンジングに落とし穴はあるのかどうか調べてみました。

ビフェスタについて

ビフェスタは、健康と美を理念にした企業グループ、マンダムの商品ブランドです。

クレンジングから始まりメイクを落とすだけではなく、プラスαのスキンケア効果で「美肌をかなえる」というコンセプトを持ち、日本だけではなくアジア各国で支持されています。

シンプルなつくりに加え、日々メイクをする方たちに寄り添った目線で、じっくりと肌の土台をつくり上げていくクレンジング。

しっかりとしたメイク落ちの実感、プラスαでスキンケアも行えるクレンジングであり、多数の方から人気を誇っています。

ビフェスタに成分の落とし穴は?

ビフェスタの成分には天然植物美容オイルとして、ひまわり油・ラベンダー油・ローズマリー油が配合されており、うるおいやハリのあるツヤ肌への効果をもたらします。

また保湿成分として、ビタミンB誘導体・パンテノール・ビタミンE導体・酢酸トコフェロールが配合され、顔の中でも皮膚が薄く、敏感だとされている目元を守りながら、しっかりとメイクや汚れ落ちを実感できると思います。

アルコールフリー・防腐剤フリーであるため、肌が弱い方でも気軽に使用できます。

すべての方に皮膚刺激が起こらないわけではないのですが、パッチテスト済みのため成分面での落とし穴はないかと思われます。

価格について落とし穴はある?

オイルクレンジングに対して、あまりいいイメージがない方が多いかもしれません。
そのためクレンジング選びにも慎重になってしまうところですが、価格面での落とし穴はあるのか調べてみました。

商品名ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップ
価格1,080円(税込)※サイトによって変動有り
容量230mL
使用期間2カ月~

通販サイトによって価格がそれぞれ異なってきてしまいますが、一般的なクレンジングの価格とさほど変わりはなく、リーズナブルな値段といえます。

使用頻度によって消費量はそれぞれですが、表記通りの使用頻度であれば230mLで安心して2カ月は持つと思われます。

これらから見ると価格面でも落とし穴はないと言えるのではないでしょうか。

コスパについては?

ビフェスタのクレンジングは1本でクレンジングと洗顔を兼ねそろえているので、W洗顔は不要です。
なので、洗顔料に出費していた分を考えるとコスパもいいと思います。

またデリケートな目元を配慮した成分配合で、的確にメイクオフしながらも、天然植物美容配合により肌への負担を和らげる効果があります。

優れた成分配合であることから、充分な満足感を得られ、コスパ的にはとてもいいのではないでしょうか。

口コミに落とし穴はある?

一般的に刺激性の強いと言われているオイルクレンジングであることから、自分の肌タイプと重ね合わせると、なかなか選ぶのに難しく考えてしまいがちです。
購入してからの後悔をしないためにも、下調べは重要になってきます。
そこで、実際に使用された方々の口コミを見てみましょう。

・さらっとしていて使いやすい!
・洗い上りがしっとりしていて洗顔した後みたい!
・落ちがいいし、何より毛穴も気にならなくなった!
・ニキビが出来にくくなったし肌のくすみも気にならない!

口コミの一部だけをピックアップしてみましたが、使用された大多数の方々から高評価でした。
オイルクレンジングでありながらも、肌荒れ改善されている方や、肌のトーンアップにも効果があったという方たちが多く見受けられました。

基本的にメイクの落ちはいいと好評のようですが、化粧品の成分によってはアイシャドウのラメが残ってしまうという方も中にはいらっしゃいました。

においや使用感などは?

香料フリーであるためとくに気になる匂いはしませんが、ほのかなアロマっぽい香りがするという方が割と多く見受けられました。
また、アルコール・防腐剤フリーなのでクセのあるイヤな匂いは気になりません。

使用かの方は水っぽいテクスチャーであり、サラッとしたオイルで洗い上りの肌のツッパリ感も気にならず、すべすべ肌への効果を実感された方が多くいらっしゃいました。

逆にさっぱり感が少なく、洗い上がり感の物足りなさを感じてしまうという方も。
洗い上り感によって、好みが分かれてくるのかもしれません。

クレンジングの使用方法は?

クレンジングの使用方法は一般的なものととくに変わりはないです。
適量(2プッシュ程度)を手に取り顔に馴染ませ、メイクが浮き上がったら水・湯で充分に洗い流してください。
濡れた手や顔での使用が可能ですが、手や顔が非常に濡れている場合は軽く水を切ってから使用された方が効果的だと思います。

ビフェスタクレンジングのターゲットは?

クレンジングはスキンケアをするにあたっての、大事な肌の土台をつくる工程です。
汚れが残っていたり、溜まっていたりしてはどんなにしっかりケアをしても無意味になってしまいます。

ビフェスタは素肌から輝きたい女性へ、美肌をかなえるというコンセプトをモットーにしたスキンケアブランドであることから、寄り添った目線で洗顔とクレンジングに力を入れています。

普段から毎日メイクをされる方はもちろん、美肌になりたいと思う世のすべての女性たちをターゲットとしているのではないかと思われます。

一番安く購入できる方法

ビフェスタのクレンジングは、ドラッグストア・通販で販売されています。

公式サイトからの購入の場合は、購入先がアマゾンや楽天市場などといった数多くの通販サイトへつながっているため、そちらからの購入になります。
ドラッグストアで販売されている価格だと、800円前後になりますが、通販での価格は600円前後です。

通販では、価格から更に送料・手数料とかかってくる場合があるので、店頭での購入より高くなってしまう可能性があります。
そうなると店頭での購入が1番安く済ませられるのではないでしょうか。

まとめ

今回、ビフェスタのクレンジングについて見てきました。

しっかりメイクを落とし、使いやすいさらっとしたテクスチャーで、洗い上りのさっぱりする質感であることから、ビフェスタのクレンジングに落とし穴はないと言えるのではないでしょうか。

一般的に、オイル系のクレンジングは洗浄力がとても強いと言われており、肌タイプによってもなかなか使用するのに一歩おいてしまいがちです。

しかし、目元を充分にケアしながらもしっかりメイクを落とし、天然植物美容成分配合によるスキンケアに寄り添ったクレンジングはなかなか少ないのではないでしょうか。

また、大多数の方から肌荒れの改善・くすみの和らぎ・毛穴改善など、効果を実感されたという口コミが寄せられています。

これを機に、コンビニエンスストアでも小さいボトルが販売されているらしいので、まずは少量から試してみるのもありかと思われます。

メイク落としとスキンケアの両面からサポートしてくれるクレンジングは、美肌を目標とする女性にとっては喜ばしいことです。
ビフェスタのクレンジングで美肌を叶えてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました