イハダ(IHADA)の化粧水に落とし穴がある?知っておきたい注意点!

様々な肌トラブルに効果的だと人気があるイハダの化粧水に落とし穴がある?
生活環境や睡眠不足、食生活など多くの要因で乱れるお肌。そんな荒れたお肌を何とかしたいと考えている方は多いと思います。しかし、そんなお肌を改善するために使用した化粧水に落とし穴があっては大変です。

そこで、商品をさまざまな角度から検証してみていきたいと思います。

イハダについて

有名な大手化粧品会社である「資生堂」が販売しているブランドです。

さまざまな環境で引き起る肌トラブル。何度も繰り返してしまうと悩む方のために資生堂ならではの技術をつめこみ作られた化粧品は、防御・予防・治療のトータルケアを実現、今までの悩みから解放される新しいスキンケアとして人気があります。

デザインも、持ち運びしやすいコンパクトなものにしていることで、外出先や旅行先などにも手軽に持っていけるようで、使用者の立場に立って開発されているということが伝わってきます。

イハダ 薬用ローションの成分に落とし穴はある?

配合されている主成分は、不純物を取り除いた高精製ワセリンです。

このワセリンは通常のワセリンとは違い、資生堂の高い技術によって99%精製していますので、敏感肌の方でも安心といえるほどの成分で、さらにイハダの薬用ローションはパラベン(防腐剤)フリー、アルコール(エチルアルコール)フリー、無香料、無着色、弱酸性の安全処方です。

角層の乾燥や外的刺激により、肌バリア機能が低下していることで繰り返す肌トラブル。高精製ワセリンは、この肌バリア機能を整えて肌に保護膜を作ってくれることで、浸透した肌内部のうるおい成分が蒸発するのを防ぎ、さらに外的刺激からお肌を保護してくれます。

他にも、アクアシナジー成分と言われているL-グルタミン酸ナトリウムなどのうるおい成分が各層環境を整えてくれるため、乱れたキメが整い、美しく透き通るような素肌へと導いてくれます。

価格についての落とし穴は?

やはり、大手化粧品会社である資生堂が販売しているだけあり、成分面ではとても優秀な化粧水だといえるでしょう。しかし、どれだけ優秀な商品でもその価格が高ければ継続して購入するのは大変です。そんな価格の落とし穴について調べてみました。

商品名イハダ 薬用ローション
価格1,620円(税込)
容量180mL
使用期間約2ヵ月
トライアルセット918円(税込)※化粧水・乳液・バーム

化粧水でも配合されている成分によっては、3,000円や8,000円など値段はピンキリです。その中で、資生堂の高い技術から生み出された高精製ワセリンを配合した薬用ローションが2,000円以下で購入できるのは安いといえるでしょう。

さらにトライアルでは、12日間分の化粧水・乳液・バームの3点セットで1,000円以下と安価でお試しができるので、現品を購入する前にまずトライアルセットを購入することで失敗することなく現品購入ができます。

コスパについては?

価格だけを見ても安いと感じますが、実際180mlの容量は2ヵ月使用できるぐらいの容量となっていますので、1ヵ月810円程度で購入できていることになります。

高精製ワセリンが配合されているだけでなく、肌トラブルの防御・予防・治療の3つの効果を期待できる薬用化粧水がこの価格帯で購入できるのは、とてもコスパが良いといえるでしょう。

高品質の商品を低価格で提供できるところはさすが資生堂だといえるでしょう。

口コミに落とし穴がある?

商品については高い満足度があるのではないかと思いますが、実際に使用した方の意見もしっかりと確認しておかなければなりません。化粧品はすべての人に合うように作られているわけではありませんので、多くの使用者意見を検証してみましょう。

・しっとりするけどベタつかないし肌荒れなくなりました!
・皮剥けで色素沈着していた所もキレイになりました。
・びっくりするほど お肌のトラブルが落ち着いてきました
・極度の敏感肌ですが普段はヒリヒリせず重宝しています

使用感と肌に付けた後のしっとり感が高い評価を得ていました。全体的に高評価が多く、肌荒れしている肌でも問題なく使用できたという内容が多数見受けられましたので、敏感肌の方でも安心できる商品なのではないでしょうか。

中には保湿力がいまいちだという内容もありましたが、対照的に乾燥肌が治ったという内容も多く、肌環境や個人の感覚によるものだと判断します。もし物足りない場合は、ブースター美容液を使用すると満足できるかもしれません。

においや使用感はどうでしょうか?

商品としては無香料のため、独特なにおいは無く気になる方でも安心してお使いいただけるでしょう。

使用感は、しっとりとしたテクスチャーで、顔全体になじませた後に肌全体を覆うようなワセリンの膜が張られます。この膜はべたつきも無く、しっとりとした手触りのお肌へと仕上げてくれます。

荒れてしまった肌や、皮がむけてしまった状態でも沁みることなく使用できたという方もいるほどですので、お肌にとってはとても優しい商品なのではないでしょうか。

イハダ 薬用ローションの使用方法は

クレンジング→洗顔の次に使用するアイテムですが、お好みによってブースター美容液を使用して頂いても問題ありません。

まずは、手のひらに500円大程とり、しっかりと顔全体になじませていきます。このとき、化粧用コットンを使用する方がいるかもしれませんが、お肌が敏感になっていたり、既に肌トラブルを引き起こしていた場合は刺激を与える可能性がありますので注意が必要です。

優しくなでるように顔全体へなじませていき、しっかりと全体へいきわたれば完了です。
顔全体を包み込むようになじませると浸透力が上がるようですので、是非お試し下さい。

イハダ 薬用ローションのターゲットは?

価格や効果面を考えても、年齢層は問わずに敏感肌・乾燥肌の方全てといえるのではないでしょうか。実際に高い効果がある商品だということはわかりますし、価格帯に至っては10代でも購入できる価格帯です。

だとすれば、肌トラブルを繰り返してしまう方や様々な化粧品を試してきたが効果が得られなかったという方全てにお試しいただけるような商品だと言えます。

逆に、肌が脂性肌の方や普通肌の方にとっても保湿力が物足りないと感じるかもしれませんので、不向きなのではないでしょうか。

しかし、化粧品は絶対に症状が改善されるというものではなく、あくまでサポートを目的としていますので、日常生活を見直してしっかりと改善に努めることが、肌トラブルの悩みを解消する最善の方法です。

一番安く購入できる方法は?

公式サイトやamazon、ロハコなど調べてみましたが、価格は同じでした。

しかし、現在楽天では1250円(税込)での販売を見つけることが出来ましたので、配送料のかからない東京の方は一番安く購入できるのではないでしょうか。

他のSHOPについては公式サイトと同じ価格だったので、お住まいの地域によって発生する送料を見て購入することをオススメします。

店舗でも販売されているようなので、お近くのドラックストアに売っている場合は、そちらでの購入も金額に差はないのではないでしょうか。

まとめ

イハダの化粧水は、資生堂の高い技術によって生み出された高精製ワセリンを主成分として、お肌の防御・予防・治療の3つをこなす優秀な化粧水であることがわかりましたので、落とし穴はないといえるのではないでしょうか。

価格面でも手に入れやすい価格で、2ヵ月ほど使用できる容量となっておりますので、肌トラブルに悩む方や敏感肌の方にとっては、安価で高い効果を得られる商品だという印象です。

肌トラブルは、多くの方がさまざまな症状で悩んでいるため、症状ごとに化粧品を使い分けたり、選び直したりするのはとても大変です。そのため、1本で肌トラブル全般に高い効果を発揮するイハダの化粧水はまさに救世主といったところでしょうか。

歳を重ねるごとに美しい素肌を維持することが難しくなっていく中、早い段階で自分にあった化粧品を見つけられると5年後の素肌が大きく変わることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました